So-net無料ブログ作成
検索選択

ケルビム [roadbike]

このお店行ってきました。
言わずと知れた、オーダメイド自転車のCHERUBIMです。
2009101201.JPG

展示用に造られたピストバイク
気合いの入った逸品です。
フレームはもちろん、カラーリング、ステムが渋い。
2009101202.JPG

こんなバイクもありました。
トップチューブからステム、ハンドルまで一直線!?
究極の剛性、直線では敵無って感じなんでしょうか?w
2009101206.JPG

ビンテージバイク
何かいつの時代も変わらない信念みたいなものを感じます。
2009101203.JPG

これまたレトロな雰囲気のバイク
大き目のヘッドライトとBrooksのサドルにバック、遊び心が満載。
2009101205.JPG

洋物もいいけど、和製もイイ!
眺めてると注文してしまいそうで、危険w
今は納期5,6ヶ月待ちだそうな。
うーーん、欲しい。


バックパック [roadbike]

皆さん、自転車で走る時、荷物ってどうしてます?
私の場合ポタリングする時は、サドルバックに替えチューブとパンク処置用のツール、ウェストポーチ財布やタオル等小物類を入れてます。
しかし、ウェストポーチは自転車用ではないので、走行中にずれてきたりして走り難いし、容量としても、もうちょっと欲しい。
自転車乗る時用にバックパックが欲しいなあと、
deuterRace EXP Air Rucksack (Fire/Titan)、買いました
2009100201.JPG

容量は12+3Lの最大15L
+3Lというのは、通常12Lですが、側面のジッパーを開くことによって+3L拡張可能。
決して大きくはないですけど、軽快な走りを考えると、このくらいがええかなと。
そして、なんといっても注目すべきは背面のメッシュ
deuter advanced airconfort system といって、背中とバックパックの背面の間にスペースを作ることによって、通気性を保てるような造りになってます。
更に、湾曲した背面構造と、しっかりしたサポートパッドが過重負荷を分散してくれそう(な、気がします)。
2009100202.JPG2009100203.JPG

バッグの下段ポケットには、ヘルメット用のネットとレインカバーが内蔵。
まさにバイク仕様のバックパックですね。
内部は、背面が湾曲してる分、狭まってます。
荷物をいっぱいいっぱい入れる時はちょっと工夫が必要かも。
ポケット類もたくさんあって、構造、機能としては良く考えられてる!
2009100204.JPG2009100205.JPG

それと、ついでに持ってなかったボトル(今まで、普通のペットボトル使ってました)
CamelbakPodium Chilljacket 620ml/21oz Bottle (Clear/Black)
チルジャケットによる保冷機能と、バルブを開ける作業が不要で水を吸い出すことが可能とか。
走りながらカッコよく給水ができる(かしら?)
2009100206.JPG

今週末、早速使ってみたいけど、天気悪そう。


都内ポタリング -目黒- [roadbike touring]

連休に義妹が家族で遊びに来る予定でしたが、旦那様の都合が悪くなり、キャンセルに。
高速道路は連日大渋滞ニュースをやってるし、あまり遠出は気乗りしないなあ。
そこで、都内は休日で車もすいてるでしょうって、なんの根拠もない前提のもとに、都内ポタへ出かけました。

取りあえず、都心に近い豊洲のショッピングセンターに車を置いて出発。

先ずは、何故かまだ登ったことのない東京タワー
60分待ちの行列に、今回も登ることを断念。
2009092201.JPG

そこから、六本木でTrekストアへ。
写真撮ってないけど^^; 

そして、恵比寿を抜けて、今回の目的地、目黒へ。
ランチを食べたハンバーガー屋さん。
味、ボリュームともにGoo!
ハンバーグから肉汁が滴ってました。
2009092203.JPG
2009092204.JPG

目黒には、洒落た自転車屋さんがたくさんあるらしい。
最初はKalavinkaというオリジナルフレームを製作してるお店に行きたかったが、残念ながら祝日は休業。
残念。
それでも、バイクはもちろんアクセサリーやウェアなんかを見て回ってきました。
2009092205.JPG
2009092206.JPG
2009092207.JPG
2009092208.JPG

帰りの橋の上からの写真。都内のウォーターフロントのビル群。
2009092209.JPG
2009092210.JPG

そして、これが今日買ったSWOBOのT-Shirts。
LAのバイクブランドだとか。
タグのキャラクターが自転車に乗ったスケルトンってのが、USAっぽい。
2009092211.JPG
2009092212.JPG

都内は、道路が必ずしも走りやすいとこばかりではないけど、小回り良く見て回れるのは、自転車ならでは。
街の様々な顔を見て回るのは楽しいですよ。


ようやく、ハマりました [roadbike]

先日のタイヤ交換で、最後のチューブをパンクさせてしまいました。
そこで、替えチューブを購入ついでにタイヤ交換のコツを教えてもらおうと、ショップへ。
ブロ友(というか既に兄貴、いや師匠)9goldさんの的確な助言もいただいていたので、あくまでも自分でやりきるつもりです。

ホイールを持参し、ショップへ。
忙しく自転車整備をしている店員さんを捕まえて、

ロードバイクのタイヤ交換が上手くいかないんです。
コツを教えてくれませんか?

ショップの作業場の片隅を借りて、やってみようということになりました。
先日無理やりはめたタイヤを一旦外し、作業開始。
若い店員さんでしたが、いろいろアドバイスを貰いながら、チューブを替え、タイヤをはめていきます。

ある程度はまるまでは、少しチューブに空気を入れた方が作業しやすいし、咬み込み防止にもなりますよ。

とか、

ビードをリムのセンター(微妙にくぼんでいるところ)に沿わせることで、タイヤを最後に余裕が大きくできますよ。

などなど。
そして、いよいよ最難関の最後のひとはめに。

タイヤがはまらない個所を外れないようにしながら、手のひらで押し出すように

グリグリグリィーー!、フガーフガー!、ウオーリャッ!
パチンと音がして、

はまったーーーー!

かなり苦戦しましたが、ようやくはまりました。
ひとまず安心。
でも、しばらくタイヤは触りたくないなw
コツはわかっても、体得したとは言えるような感じではないし。
こればっかりは、何度も経験して体で覚えるしかないようですね。
DSC_1174.JPG


パンクの悪夢は続く [roadbike]

先日のパンクで、タイヤには1mm弱の傷穴が。
トレッド面もかなり摩耗してたので、タイヤを交換することに。
実は、既に予備のタイヤを購入済みだったりする。
そこで、ある晩、タイヤを交換し始めた。
が、またまた問題発生。

タ、タイヤが、はまらん・・・

タイヤが新しいのか、固いのか、最後のひとはめがかなりきつい。
ひょっとしてサイズを間違えたんだろうかと、何度も確認する。
サイズは間違いなさそう。
要するに気合いが足りんのね。
1時間ほど手でタイヤをなめしながら格闘する。
手は痛くなってくるし、力も尽きてきた。
仕方ないので、禁断のタイヤレバーを屈指することに。

なんとか完全にはめ込むことができた!
既に汗だくで、腕はダルダル

やっと、はまったー!!

ここで、終わらないのが私。
空気を入れてみて、耳を疑いたくなるような音が。

プシューーーーーー

インナーチューブから空気が漏れる音が・・・
悪夢でした。
無理やりタイヤをはめた際に、チューブをリムでかんでしまったか、タイヤレバーで傷をつけてしまったか。
どうであれ、もう無理・・・
替えのチューブはもうないし。
しかも、まだフロントも作業が残ってる。
何より、また同じことする気力がない。
明日、自転車屋に持って行こう。

Help me !


落車、パンク、お助け [roadbike touring]

久々に天気の良い週末、せっかくなので川沿いのCR(サイクリングロード)へ。
2009090501.JPG

CRは、一部未舗装の区間があり、ロードバイクのような細いタイヤでは、一般道を迂回する。
その一般道のある坂を登っていたときのこと。

最近、ツール・ド・フランスにブエルタ・ア・エスパーニャを観て、気分はすっかり選手気分!?
妻を相手に、アタックを仕掛けたw
ところが・・・

ガチャ、ガチャ
ん!?異音

うわ、チェーン外れた!?

ビンディングで両足を固定している私は、とっさに手は出るけど、足は出ず。
ただ、スローモーションのように倒れるのを待つのみ。

イテテテテ

落車発生!
なんだか、ついてない。
でも、これだけどは済まない。
今度は、CRを軽快に飛ばしてた(つもり)ときのこと。

突然、プッシューーーーーーーー

フロントタイヤにパンク発生。
タイヤには、1mm程度の小さな穴が。

あーー、もう。

2009090502.JPG 

替えチューブは持ってて良かった。
チューブの交換は何度かやったことあるが、手際良く出来るほどではない。
携帯用ポンプで空気入れと格闘している時、通りがかりのローディおじさんが、声をかけてくれた。

パンクですか?大丈夫!?
その携帯用ポンプ、大変でしょう。
私の使ってください。

おー、なんて親切な方なんでしょう。
お言葉に甘えて、おじさんのポンプで空気入れ第2ラウンド開始
それでも、なかなか空気を上手く入れれない私に、おじさんは、

バルブ痛めてるんじゃないかな?
チューブもう一回替えた方がいいよ。

と、今度はおじさん手持ちの替えチューブを差し出してくれた。
そこで、もう一度、タイヤを外すところからやり直し。
かれこれ、1時間近く経過してたのだろうか、もう一人の通りがかりのローディお兄さん(私よりおそらく若い)が、声をかけてくれた。

大丈夫ですか?手を貸しましょうか?

おー、更にもう一人、お助けマン
そのお兄さんは、かなり慣れた手付きで手際よくチューブ交換し、空気まで入れてくれました。
それに、ちゃんとした空気入れでしっかり空気を入れた方がいいと、近くの自転車屋さんまで誘導までしてくれました。

なんと、親切な方々なんでしょう。
全く面識の無い私の困ってる姿を見るに見かねて、2人も声を掛けてくれるなんて。
災難続きの1日でしたが、人の親切に触れることができた良い1日でもありました。
私も、同じように出来るかなあ。
それにはもっと、経験積まねばね。

ありがとう、助けてくださったお2人!


返ってきました

お盆も明け、夏は来たのか、来てないのか判らぬうちに、すでに秋モード突入の感がある今日この頃。
涼しくなるのはウェルカムですが、ちょっと拍子抜けかなあ。

先日、初期不良でクレームして、台湾のSIGMA SPORT ASIAに送っていたサイクルコンピュータの話です。
物を送った後、1週間程全くレスポンスが無いので、

荷物届いた?
どんな状態なの?

と催促したら、

明日、交換品を送るよ!

って、なにやら無愛想な返信が・・・
それから、更に1週間程経って、ようやく返ってきました。
普通の封筒の中に、申し訳程度の緩衝材にサイコンだけ入れて。

どないやねん!

初期不良で、わざわざ物を送らせといて、詫び状もチェックした結果報告もなし。
ある程度、日本的な謙ったサービスは望めないだろうなとは思ってはいたし、
それなりに誠意を込めたつもりだったが、こんなにドライなもんとは。
ちょっと悲しい。
言葉の壁は思った以上に高かったのかな。

でも・・・無事返ってきただけ良かった。
一応、問題は解決したし。

うん、良かったw


海を越えてゆけ [roadbike]

せっかく購入したサイクルコンピューターですが、いきなり問題発生。
時計が突然10分遅れたり、心拍数をなかなか受信してくれなかったりと、初期不良っぽい症状が・・・[ふらふら]
ネットで、その辺りの情報を探してみると、どうやらあるロットには同様な不具合があるらしい。
メーカーのSIGMAの日本窓口を探してみたが、日本は輸入代理店を通じての販売しかしてない。

ちゅうことは、本国ドイツのサポート英語で連絡かあ!?

英語でのやり取りは少々気が引けるが、
何事も経験が大事、なんとなくどんな結果になるのか興味もあるしで、
webサイトのサポートページから、クレームメールを出してみた。

2日ほどで、アジア窓口の台湾の担当者からレスポンスがあって、
結局、物を見てみない事には、なんともできねぇーよとのこと。

じゃあ、送ってやろーじゃねーの!

とは言ったものの、個人輸入したことあっても、物を送ったことねえなあ[たらーっ(汗)]
国際便で送れるもの、送れないもの、料金、期間、保険、必要な書類(税関告知書に、インボイス)
なんだか聞き慣れない言葉に尻込みしながらも、ネットで探しまわる。
そんな中で、日本郵便のEMSサービスってのが割と手軽に利用できそう。
ネットで送付元と宛先を入力すると、送付伝票とインボイスの雛型を郵送してくれるサービスもあるし。
補償額は20000円までは付いてるし、送付物の追跡なんかもできる。
見よう見まねで伝票と書類を記入して、なんとか発送はできました。

こんなので届くのかな?

ちょっとドキドキしながら、続くw

サイコン、サイコー!? [roadbike]

毎週末はいつも、なんとなーくバイクに乗って、なんとなーくお決まりのコースを走ってくる毎日。
ツール・ド・フランスの熱い闘いに感化された訳ではありませんが、

もっと速く走れるようになりたい!

そう思う今日この頃。
そこで、これ買いました。
SIGMA Bike computer ROX 9.0
2009072601.JPG

いわゆるサイクルコンピューターは、CATEYEのものを使用していたのですが、基本的に速度と距離を測れる程度。
色々調べてみると、速度、距離以外に、ケイデンス(クランクの回転数)、心拍数の測定値を目安にトレーニングするのが良いみたい。

Speed transmitter
ホイールの回転数から速度を計測します。
この製品はフロントフォークとスポークに磁石を取り付けるタイプ。
2009072602.JPG

Cadence transmitter
こちらはクランクの回転数を計測します。
チェーンステーに取り付けます。
2009072603.JPG

Heart-rate Chestbelt
心拍数を測定します。
胸の下部にベルトで固定します。
2009072604.JPG

それから、これを買う決め手になった機能。
PCにつないで、走行記録を転送できます。
2009072605.JPG

専用ソフトで、走行記録を見るとこんな感じ。
グラフで様々な要素を重ねて見ると視覚的に解りやすいし、管理してるって感じがするw
2009072606.jpg

決して安い物ではないし、ほんまにここまでいるんかい!?って気もしたが、
実際走ってみて、今きつい?、回転数落ちてる?、ギア落とす?みたいな感じで、
様々な要素を気にするようになったし、何より効率的に走ることを意識し始めた。・・・気がするw
もっと科学的なトレーニング法を学んでみるかな。

p.s.
困ったことに、時計が遅れるという不可解な不良っぽい動きが見られるので、メーカーに問い合わせてみることに。
ところが、このSIGMA ROX 9.0は、日本で未発売のもの。
日本にはサポート窓口が無いので、台湾のサポートと直接やりとりすることに[ふらふら]

英語いるやん!?

片言の英語能力と、翻訳サイトを屈指してメールしてみます。
また、進捗があれば後日ご報告ってことで。
言語の壁に撃沈しそうな^^;


熱いです [roadbike]

熱いです。
毎日、暑い日が続きますけど[たらーっ(汗)]
今年から初めてツール・ド・フランスを見てます[わーい(嬉しい顔)]
かなり、熱いです。面白いです。
最初はルールがよく解らなくて、

色んなメーカー自転車と、カラフルなチームジャージ、ええなあー

ぐらいの感じだったんですけど、
少しずつルールがわかり始めました。

マイヨ・ジョーニュを始めとする各ジャージを巡る争い、
ステージの特色ごとに活躍する選手たち、
エースを勝たせるためのチーム戦略、
ひたすら逃げ、果敢なアタック、ゴール前のスプリント勝負
様々なドラマが展開されます。

たまたま、光TVってサービスのキャンペーンに乗った形で見始めたのですが、
かなりハマってしまいました。
ジロ・デ・イタリアは見逃してしまいましたが、
ブエルタ・ア・エスパーニャは見てみたい!
そん時は無料キャンペーン終わってるけどw


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。