So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

春よ来い [others]

今日はとても穏やかで温か。
空は雲ひとつなく晴れ渡る。
2010013001.JPG

ポタリング中に休憩した公園では春を感じさせる息吹が。
梅の蕾が。
2010013002.JPG

蕾だけかと思ったら、既に花開いてるものも。
2010013003.JPG

気付いてみれば、1月はもう終わり。
春の訪れは一歩一歩確実に近づいてます。
春よ来い~


sacrifice [others]

これ読んでみました。

「サクリファイス」 近藤 史恵さん著
20100126.JPG

カバーの絵から想像できると思いますが、ロードレースを舞台にした小説です。
メンバーそれぞれの夢、欲望、過去の確執、そして葛藤。
アシストはエースの犠牲でしかないのか?
ストーリーがロードレースの臨場感と相まって、次第に話の中に引き込まれていきます。

後半はゴール前のスプリントを彷彿とさせるような怒涛の展開
(というか、ちょっと展開は急ぎ過ぎの感もあり)
結末は・・・もちろん言えないけど
かなり誇張した感はあるが、本題である「サクリファイス」の本当の意味が。

かなり読み易くて、1日で読み切れる内容でした。
久しぶりに小説読んで、ドキドキ、ワクワク
ロードレースに興味のある方には、きっと面白い作品だと思います。
でも、冷静になってみると、結末は「んなことありえねぇー」って感じですがw

機会があれば、是非。


江戸川河川敷 [roadbike touring]

年明けて、いきなり風邪をひいたり、なんとなく億劫になって、自転車乗ってませんでした。
何より寒い日が続きましたしね^^;
今日は、快晴ではないですけど、風もなく穏やかな天気
久しぶりに乗ってきました。

いつもは、近くにある川沿いのサイクリングロードか、路肩が広くて走りやすい産業道路を行くのですが、
今日は、気分を変えて、20kmほど離れた江戸川へ。
途中通る一般道は、道は狭いのに車の通行量は多いし、路上駐車が停まってたり、大型トラックが肩をかすめたりで、結構気を遣います。
それでもなんとか車の流れに逆らわずに走ります。

やっぱり気持ええなあ、この感じ
排気ガスはいただけんけど・・・

江戸川の河川敷では、少年野球してたり、ブラスバンドの練習してたり、犬連れて散歩したり、皆それぞれ。
とってものどかで、とても落ち着く場所。
家を出る時間が遅かったせいもあって、河川敷を少し走ったら、イイ感じに陽が傾いてきました。
川面に映る光と影のコントラストがなんともいえない雰囲気を醸し出してます。
水辺ってのは何か不思議な力を感じます。

久しぶりに気分爽快な1日でした。
でも、まだまだ寒いw

SN3I0140.JPG
SN3I0142.JPG

p.s.
機嫌良く帰ってたら、自転車がやけに重く感じる。
久しぶりに乗ったからかな?
違いました、パ・ン・ク
バルブ、逝っちゃってました。
SN3I0143.JPG


2010年スタート!? [others]

皆さま、明けましておめでとうございます。
って、遅い挨拶でしたね^^;

年末は、大阪へ里帰り。
実家ではダラダラ、外出しては、高校時代の友人達と遊びまわり。
年越して1日の晩には、地獄の渋滞を避けて、千葉へちょっと早めのUターン。
残りは、こちらでゆっくり初詣、初チャリ、2010年スタート!

・・・と、行きたかったところですが、

実家での暴飲暴食、不摂生がたたってか、千葉へ着いたとたん
まさかのダウン[がく~(落胆した顔)]
風邪です。胃腸にガツンと来ました。
2010年スタートは、布団の中でした[もうやだ~(悲しい顔)]
全く以って情けない限りです。
私って、肝心な時にダメなタイプ!?

いきなり、こんな感じでネガティブスタートな私ですが、
こんな私を見守っていただいた皆さまに、遅ればせながら感謝!です。
そして、本年もよろしくお付き合いください!

明日から出勤!初詣行ってない!
でもでも、2010年はポジティブに行きます!

いざ、2010年スタート[exclamation&question]


CYCLE MODE international 2009 - その2 - [roadbike]

前回は、途中で力尽きたので、今回は、その続編です。

USPSって、ご存知ですか?
United States Postal Serviceの略、そうアメリカ合衆国郵政公社
ランス・アームストロングが所属したチームでも有名ですね。
そのUSPSとバイクメーカーのBROSが組んで作成したシングルスピードバイク、
その名もSAMURAI!
白いカラーリングに変形ドロップバー、ラグをあしらった接合部、
これで88,200円だって!?
欲しいかも。
2009121114.JPG
同じく、USPSのクロスバイクCLASSICO
名前の通りクラッシックな風合い出しつつ、ゴールドのクランクなんて、センスがイイ!
2009121115.JPG

ジャパンメイドも、がんばってます。
三ヶ嶋製作所のペダル
2009121116.JPG

SUGINOのチェーンリングにクランク
その名も”禅”!
2009121117.JPG

回転するミラーテーブルの上に3台のピスト、そしてシャンデリア、ひときわラグジュアリな感じのosso2009121118.JPG

ド派手なゴールドのミニベロは、KHS
2009121119.JPG

CampagnoloのフラッグシップコンポーネントSuper Record
去年も同じディスプレイだったような・・・
2009121122.JPG
Campagnoloで写真撮ってると、思わぬ人と遭遇
今年、ツール・ド・フランスに出場した、新城選手!?
写真にサインと気軽に応じてくれる、とっても、いい人でした。
応援してます、がんばってください!
2009121121.JPG

PINARELLOのDOGMA、存在感は抜群
2009121120.JPG

憧れのカーボンフレームといえばLOOK
2009121123.JPG

そして、大御所COLNAGO
MASTER 55th ANNIVERSARYモデル
世界限定99台だそうな。
2009121124.JPG

今回は、ロードはもちろん、MTB、クロス、ピスト、ミニベロと、一言に自転車といっても多種多様。
そして、その裾野は確実に広がりつつある。
そんな自転車業界の勢いを感じずにはいられないCYCLEMODEでした。


CYCLE MODE international 2009 - その1 - [roadbike]

今年も行ってきました。
CYCLE MODE international 2009
とりとめもなく、インプレッションレポート・・・なんてねw

世界レベルのスプリンター、カヴェンディッシュらを擁するTeam Columbia-HTCにバイクを供給するSCOTT
タイムトライアル用スペシャルバイク、PLASMA
2009121101.JPG

トライアスロン用バイクCeepo
日本を連想させるようなカラーリングされたエアロフレームに”刀”の文字が斬新。
2009121102.JPG

TREK Madone PROJECT ONE
自分好みのMadoneをカスタムメイドできる。
あのランス・アームストロング仕様のバイクにも乗れちゃう!
2009121104.JPG

成長著しいFUJI
その中でもPISTのラインナップは秀逸。
2009121105.JPG
今回はCLASSICに試乗で、Fixed ギア初体験
Freeギアの感覚に慣れてると、足を止めることができない!すごい違和感!?
でもロードと違って、走る、止まるがシンプルなライディングがイイ!面白い!
2009121105_2.JPG

イタリアのスチールバイクといえば、Tommasini
カラーリングにラグまで、仕事が細かい。
美しいー!
2009121106.JPG

日本のレーサーバイクの老舗、CHELBIUM
その中でもPISTAは、むちゃくちゃかっこいいです。
2009121108.JPG
ULIに試乗。
クロモリの乗り心地に驚愕。
バイクというよりも、アルミにもカーボンにもない感覚。
まるで生き物に乗ってるような感じ。
参りました、クロモリバイク欲しくなってしまいました。
2009121109.JPG

今回ひときわ目を惹いたのは、ミニベロやフォールディングバイク
一目で印象に残る斬新なデザインは、DOPPELGANGER
カラーリングもデザインも個性たっぷり。
2009121110.JPG
2009121111.JPG

アメリカは東海岸ボストンのバイクビルダー、Independentのピストバイク
2009121112.JPG

このミニベロなの?ロード?
そんな区別は、かっこよけりゃ関係ねぇー
kimoriのコロッサス
このフレームは面白い!サスまで装備しるし!
自転車フレームの固定概念をも覆す!?
2009121113.JPG

ちょっと、この辺りでブレーク。
次へ続くのであった(疲れたw


左腕 [others]

突然ですが、私は、普段腕時計してません。
別に大した理由ではありません。
ただ単に、使っていた時計の電池が切れて、交換に出すのが、なんとなくおっくーになって。
しばらく携帯電話を時計の代わりに。

しかし、ここ最近、腕時計欲しいなと。
やっぱり年齢も年齢なので、大人な時計が欲しいなどと、脈絡もなく。

機械式がええな

・・・と、いっても、時計に関して知識が無い私。
RとかOとかいわゆる王道を見てみたけど・・・
すっごい背伸びしてる感じと、やっぱり価格がちょっと次元が違う。
色々悩んだ挙句、国産はどうよ!?ってことに。
そこで、これ。
SEIKO BRIGHTZ Ananta
2009121101.JPG
2009121102.JPG
2009121103.JPG

コンセプトは「日本の刀づくりの心」だそうな。
言われて見れば、繊細でいて、かつ豪快、そして力強さを感じるデザイン
白というかシルバーに近い文字盤には、レトログラード式の日と曜日のインデックス
こんな小さなケース(腕時計としては大きい部類だがw)に収まった機械が、電池なしで動くなんて、にわかに信じがたい。
まさに機能美の真骨頂。

時計に詳しい方から見れば、大したことのないものかも知れませんが、
私にとっては、この時計が私の左腕を引き寄せました。

これから、よろしくね、新しい相棒!


かぶっちゃいました [others]

かぶっちゃいました。
何が?って?

メッセンジャーバッグ

ブロ友と同じもの買ってしまった。
以前からどうしようかなあと悩んでたんですが、結果的にかぶっちゃいました。
ごめんなさい。
謝るのも変かw
とても良い物を紹介してもらって、ありがとうございます、ですね。

SAGLIFE Questa Design
SAGのArt crewであるQUE"QUESTA"HOXOUとのコラボモデルです。
宇宙を連想させるデザインとワッペンのワンポイントがGood
お気に入りのITEMがまた一つ増えました。
2009111801.JPG
2009111803.JPG
2009111802.JPG
2009111804.JPG
2009111805.JPG
2009111806.JPG


VANS [others]

スニーカー買いました。
流行ってますねー、スニーカー。
色んなデザインが揃ってて、一昔前に比べると価格も随分手頃になったような。
目移りしてしまいましたよ。

結局買ったのは、前から気になっていたVANS SK8-HI C.PEPPER/WHITE
インソールと足首サポート感がいい感じで、なんか履き心地がいいんですよね。
靴紐を紫で合わせてみました。
スニーカーって、全然詳しくないけど、選ぶのって楽しいですね。
2009111501.JPG
2009111502.JPG
2009111503.JPG


Japan Cup 2009 [roadbike touring]

お久しぶりです。
今さらなんですが、先週末Japan Cup 2009 行ってきました。
えっ!?競馬じゃないですよ、自転車!
け、競輪じゃないってば、ロードレース!
本場欧州で活躍するトッププロも参加する、国内屈指のサイクルロードレースです。
場所は、宇都宮森林公園、今年で18回目を迎えます。

本番は25日ですが、前日24日は一般のオープンレースなんかが開催されたり、選手紹介なんかのプレイベントもあるとのことで、私たちも前日から、宇都宮に乗り込みました。
と、いっても、宇都宮の宿泊先のホテルまでは車で移動。
そこから、会場まで自転車で移動することに。

前日、初めての観戦ということもあって、ホテルから自転車で会場へ下見に向かってる最中のこと。
コンビニで会場までのルートを地図で確認してたとき、ちょっとしたサプライズが。
会場の方から、黒地に赤い柄のジャージを着た外人集団が走ってくるじゃありませんか!?
えっ!?いきなりケースデパーニュ(スペインのプロチームね)と遭遇!?
と、一瞬何が起こったのか判らずにいると、
今度は、ライトグリーンのジャージ集団!?
うわっ!?リクイガス(イタリアのプロチーム)だっ!
あまりに、突然のことで写真も撮れず。手ぐらい振ったら良かったかな。

レース当日、会場に8時過ぎ頃に到着。
既に会場は黒山の人だかり。
既に駐輪場は満車。
あらゆるメーカーバイク(主にロード)が集結してました。
日本にサイクルロードファンってこんなにいたっけか@@

そして、先ずはスタートを見ようと、スタート地点に陣取り。
いよいよ、レーススタート!
スタートはなんだかいきなりで、意表を突かれた選手もw
2009102501.JPG

は、はえぇ~。
生で、しかもこんなに近くでプロの走りに圧倒されました。
2009102505.JPG

補給所付近でアイテムゲットを狙うも、何もゲットできず。
2009102506.JPG

色とりどりのジャージ大集団が迫りくる瞬間は、興奮のるつぼ。
2009102502.JPG

なんといってもこのレースの見どころ山岳ポイントへ。
選手の苦渋に満ちた表情に思わず、手に汗握り、
ほんと自然に「がんばれー!」と声援を送っていました。
2009102503.JPG
2009102504.JPG

コースは、約14kmのコースを10周回(だったと思う)するので、
この周回は平坦でスプリントを見て、次はあっちでクライムを見るなんてこともできる。
多くの人が集まった観衆の中で、お祭り気分で盛り上がれるし、
なにより、プロの走りは圧巻!
今度はプレイベントで走ってみたいなあ。かなりきつそうな坂があるが^^;
でも、とにかく最高でした。
是非来年も観てみたいな!


前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。